Prins Thomas - Rainbow Disco Club Vol. 1


思いもよらぬところから凄いのがきた!という感じ。地震やら豪雨やらと何かと壁にぶち当たりながら、春のイベントとして定着したといえる Rainbow Disco Club が何とミックスCDをリリース。しかも担当DJは Prins Thomas ときた。今は亡き『Live At Robert Johnson』シリーズ以来だとか。

ハウスやディスコを主戦場とするDJですが、まず驚いたのは本作のトラックリスト。ハウス系のアーティストに紛れて、Donato Dozzy や Deepchord, Anstam, Ricardo Villalobos, Atom TM, Surgeon, Silent Servant, Shed 等など、畑違いも甚だしい名前がずらり。
けれど Donato Dozzy のディープなテクノと Floating Points のディープなハウスが見事にミックスされて始まる本作は、前述のアーティストたちのトラックまでも Prins Thomas の生み出すグルーヴと溶け合ったこの上なく至福なダンスミュージックに!中盤、地下に潜るような素振りを見せつつも、踊っている人たちが思わず笑顔になってしまうような作品にまとめ上げられています。

ここ数年、現れては志半ばで消えていくミックスCDシリーズをいくつも見てきました。『Vol.1』と銘打ってますが、過度な期待はしません。忘れた頃にでも『Vol.2』が出てくれたらいいな。その際 Dixon 復活とかなったらそれはもう狂喜乱舞だろうなあ…。

Prins Thomas - Rainbow Disco Club Vol. 1

0 コメント:

コメントを投稿