2018年上半期の好きな音楽たち。

毎年恒例の自己満足の塊。歳を重ねれば悩みも増え、今年は暗澹とした日々が多かった。音楽には驚きや新鮮味、興奮を求めているのだけど、何を思ったか一枚一枚吟味して、買う枚数を意図的にセーブしてみようと思い数ヶ月実行した。これがかなり物足りないしつまらない。趣味を我慢しても碌なことないわ。そんな一年を共に過ごした、2017年の年間ベスト30です。

2017年上半期の好きな音楽たち。
Basic Rhythm - The Basics

Imaginary Forces こと Anthoney J. Hart の Basic Rhythm 名義の2ndアルバム。
Donato Epiro - Rubisco

あまりの変化に戸惑う。否応なくそこに人の存在を意識させる民族音楽という手法を取り入れていた前作『Fiume Nero』比べて本作に於ける人の気配の無さ。
V.A. - Quattroporte

ロシアの Nervmusic Records のコンピレーション。Half Hawaii に田中フミヤに Rhadoo に Cabanne など豪華な顔ぶれ。フリージャズテイストの Metaboman や、目まぐるしく景色の変わる Ark。トリを飾る Ion Ludwig は12分弱のトラックだがもっと聴いていたい。
Demdike Stare - Circulation

アルバム『Wonderland』制作にあたっての、彼ら二人のアイデアだったり影響を受けたもののスケッチブック的なミックスらしいけど、ここからどうやってああいうアルバムになるんだ?というような全体的にモヤモヤしたアンビエントをベースにジャズやらR&Bなど。

2016年に手にした音楽の中からよく聴いたもの、お気に入りを悩みに悩んで30枚。

昨年12月(中旬)以降にリリースされたアルバムから20枚。コンピやミックスは除外。

2015年に手にした音楽の中からよく聞いた物、お気に入りをミックス/コンピレーション込みで30枚。30位の時点で結構好きです。