KMFH - The Boat Party


2007年に Omar S のレーベル FXHE より15歳でデビューしたという逸材、KMFH こと Kyle Hall のデビューアルバムが、自身のレーベル Wild Oats からのリリースとなりました。このアートワークから漂うデトロイト臭たるや。

そんなわけでデトロイトの次世代を担うアーティストとのことですが、これがまた格好良いんですよ。ザクザクとランダムに切り刻んだようなロウで荒々しいサウンドが魅力的なんですが、曲によって随分と表情が違います。
ソウルフルなヴォーカルを圧縮してくぐもらせた「Crushed」や、シカゴのジュークを思わせる「Finnapop」などなど、デトロイト感を保ちつつエクスペリメンタルなトラックメイキングは Omar S の様でいて、Actress の様でもあり。今後も要注目のアーティストであるとともに、要注目のアルバムとなっています。

KMFH - The Boat Party [Digital]

0 コメント:

コメントを投稿