Lucy - Churches Schools And Guns


安定の高品質。自身の主宰する Stroboscopic Artefacts から、ソロとしては3年ぶりとなる2ndアルバム。マスタリングはもちろん Dadub。
本作を聞いて思ったのは、色んなことをやっているが、これまで積み上げてきた延長線上のアルバムに仕上がっているということだ。そこかしこから聞こえるチリチリとしたノイズに暗く濁った様なダビーな空間処理。ゴリゴリとしたテクノと共に、ドローンやアンビエントの印象も相変わらず。

冒頭の「The Horror」は Kerridge のアルバムに入っていそうなノイジーなインダストリアルトラック。「Leave Us Alone」や「We Live As We Dream」では透明感のあるシンセが煌めいている。そして「Follow The Leader」では地を這うような四つ打ちに読経をサンプリング。葬式かと思った。ラストの「Falling」では女性ボーカルをフィーチャーし、それまでとは打って変わって幽玄な世界観を見せてくれる。
SAの新作として申し分のないアルバムだ。けれど Lucy としては、『Wordplay For Working Bees』を聞いた時の様な発見というか驚きがもう少し欲しかったかも、なんて欲張りなことを思ってしまう。

Lucy - Churches Schools And Guns

0 コメント:

コメントを投稿