The Mistys - Redemption Forest


The Boats が『Nomenclature』をリリースし、多くの人々の度肝を抜いた少し前、The Boats のメンバーである Andrew Hargreaves による新しいユニット The Mistys が活動を始めました。本作はそんな彼らの1stアルバム。

本体のインダストリアル化そのままに、Bjork を彷彿とさせる幼さを感じる女性ボーカルと、EBMの如き肉厚なシンセのサウンドの対比がとてもスリリング。ざらざらとノイジーなのに幻想的で、ダークなのにポップ。
Andy Stott の『Luxury Problems』がそうだったように、暗さと薄気味悪さ一辺倒になりがちな中で、女性ボーカルの起用は耳を惹きつける。もちろんそれだけが素晴らしさの要因ではないけれど。
アナログオンリーで枚数限定であった本作が、(この手の音楽にしては珍しく)めでたくCDで国内盤がリリースされるそう。"もっと売れていいと思う"と昨年末に書いたけれど、これをきっかけに多くの人に手に取ってもらえると、関係ないのに何だか嬉しい。

The Mistys - Redemption Forest

0 コメント:

コメントを投稿