Millie & Andrea - Drop The Vowels


みんな大好き Modern Love の看板ユニット Demdike Stare の Miles Whittaker と、同じく看板アーティスト Andy Stott のユニット Millie & Andrea の1stアルバム。ユニットの結成自体は6年程前だそう。Andrea は知っていたんですが、Millie の方は知りませんでした。

最近なかなかぶっ飛んだドラムンベース/ジャングルを披露している Demdike Stare と、Andrea 名義ではベースミュージックをやっている二人なだけあって、ドラムンやジャングル、ブレイクビーツをごった煮にしてダブやインダストリアルで味付けしたような作品になっています。格好良いです。

ただ正直なところ、良いんだけど80点止まりな感じがあって。その要因が「Temper Tantrum」と「Spectral Source」なんですが、前者は昨年の Logos の『Cold Mission』だし、後者は Miles のかつてのユニット Pendle Coven の焼き直しじゃないか?とモヤモヤ。ところがこの2曲は2009年に既にリリースされてたってのをさっき知りました。
んじゃ残りの6曲はどうかっていうと、1曲目は少し前の Demdike Stare な呪術+民族なトラックで、2曲目は 昨年の Miles のソロのよう。飛んで7曲目は Andy Stott の『Luxury Problems』以前のトラックのようで、結局のところ今現在の Millie & Andrea を感じさせるトラックは残った3曲かなと。
「Quay」はトリを飾るアンビエントってところですが、残る「Corrosive」と「Drop The Vowels」は抜群に良くて、やっぱり格好良い。…でも何か物足りない。

本作を聞くことで、彼らには時代を先取り、アップデートするセンスがあることが再確認できました。だから今後もユニットとして活動が続くなら新曲をバンバン作ってくれることを願います。出たら必ず買うんで!

Millie & Andrea - Drop The Vowels

0 コメント:

コメントを投稿