nowplaying 04/2017

Basic Rhythm - The Basics

Imaginary Forces こと Anthoney J. Hart の Basic Rhythm 名義の2ndアルバム。



Elektro Guzzi - Parade

人力テクノバンド Elektro Guzzi の新作は、アンビエント、ドローン、ジャズをメインとする Denovali からのリリース。このレーベルから出るとは思っていなかったので意外。そして作品は Elektro Guzzi らしくありながら、そんなレーベルカラーに沿ったものになっている。


Thundercat - Drunk

今年は何だか歌を聴きたくて。


Moire - No Future

2ndアルバム。いい塩梅にもやもやした視界不良さがあるも、ベースラインは力強くしっかりしたテクノになっている。客演アーティストによるボーカルもさることながら、フィーチャリング表記の無いトラックも声がサンプリングされていて良いアクセントになっている。


Hieroglyphic Being - The Worst DJ Ever Part II : Reel Torque Volume 14

カセット2本組で200分というロングミックス。ポッドキャストとかでいいじゃんと思いつつ。過剰なアシッド、ディスコやロック、テクノをメインとしたセット。B面以降の音が笑ってしまうくらいガッサガサなのはわざとなのか知りたい。


Soundwalk Collective - Before Music There Is Blood

NYとベルリンを拠点とするトリオ。フィールドレコーディングを主として音の探求をしているサウンドアート集団だそう。中国、ロシア、イタリアの音楽学校で集めた音を作品としてまとめたものだが、意外にもミニマルテクノのような曲もある。あとで知ったが、メンバーの一人 Kamran Sadeghi は All Inn や Nervmusic からリリースしているらしくアルバム持ってた。


Shed - The Final Experiment

5年ぶり?4枚目のアルバム。攻撃的で空間の広がりを感じさせるテクノ。Head Highとしての活動を思わせる90年代のテクノを上手く取り入れている。

0 コメント:

コメントを投稿