Nuel - Trance Mutation

Nuel - Trance Mutation

Donato Dozzy と共にレーベルを運営しているという Manuel Fogliata によるユニット Nuel の1stアルバム。2011年リリース。Twitterで知りました。

普段はアンビエントテクノをメインとしているようですが、この作品はアートワークからも見て取れるようなオリエンタルで民族的な空気が充満したダウンテンポ、アンビエントアルバム。
いかにもな打楽器の音と終始爪弾かれるアコースティックギターが印象的なんだけど、ギターの音色が現代的なのに加えて随所にシンセが使われていることで、アルバムが土臭くなり過ぎない絶妙なバランスを保っているように思えました。
4曲目の「Polarity」は一瞬 Gipsy Kings の鬼平のやつかと思ったり思わなかったり。最高。


0 コメント:

コメントを投稿