Marcos Cabral - False Memories


昨年のRAの年間ベスト企画でベストレーベルに選ばれた、アメリカ・ニューヨークを拠点とするレーベル L.I.E.S. (Long Island Electrical Systems)から、レーベルコンピレーションにも収録されていた Marcos Cabral の1stアルバムがリリースされました。

ローファイなトラックを多くリリースするレーベルとあって、本作もささくれ立ったような乱雑さと素っ気ないミニマリズムを感じさせます。
最初と最後のトラックがなぜかダブテクノであることを除けば、序盤の4曲はダンスミュージックとして普通に機能しそうなテクノ、それ以降はエクスペリメンタル感満載のアシッドな電子音のループが延々と続きます。文字通りプリミティブなテクノという言葉がしっくりくる内容で、各トラックの表情の違いを楽しめればなかなか面白いのですが、退屈ともまた紙一重と言えるような作品です。

0 コメント:

コメントを投稿