Ryo Murakami - Depth of Decay


人は絶えず変化をするものだとは思っていますが、Ryo Murakami のリリースしたこのアルバムには正直驚かされました。だって急なんだもの。いや、普段から彼のリリースに耳を傾けイベントに足を運んでいれば、その変遷を感じることができたのかもしれません。

アーティスト個人をジャンルで分けることの無意味さは承知の上だけれども、これまでミニマルやテックハウス、ディープハウスを作ってきた人の1stアルバムとは思えない程の退廃的な音響世界。終始緊張の糸が張り詰めているかのようなヒリヒリとしたサウンドは、Modern Love や Blackest Ever Black といったレーベルを彷彿とさせます。
曲が進むにつれて深度が深まってゆくタイトルのないトラックたち。RAのインタビューにも目を通せば、さらにディープな世界を堪能できるのではないでしょうか。

0 コメント:

コメントを投稿