Adam Michalak - Returning to Essence


ダブテクノやアンビエントを主に、コンスタントに優れた作品をリリースしているカナダのレーベル Silent Season から、ポーランド出身の Adam Michalak のアルバムがリリースされました。相変わらずよく知らないアーティストですが、よくまあレーベルカラーに沿ったアーティストを発掘しますね。

夜明け前の静けさから朝靄のようなノイズ、そして徐々に爽やかさを増す「Long Morning」に、深い森の中にいる様な奥行きを感じさせる「Dense Fog」など、冒頭から素晴らしいトラックが続く本作ですが、全体的にテクノに寄ったダブテクノという印象。特に「Shadowy Horizon」のダブ成分は控えめで、本作の中では極めて力強く重厚。一方、アンビエントな「Sparkles」は永遠を思わせる様な残響音に包まれているようでとても気持ち良いです。5分ほどのトラックですが、できれば10分以上続いてほしかったな。
コンセプトがあるかどうかは分かりませんが(曲のタイトル的にありそう)、非常にまとまった良い作品なので、台風も来ることだし、夜のお供にいかがでしょうか?

0 コメント:

コメントを投稿