Al Dobson Jr. - Rye Lane Volume One


2014年にスタートしたレーベル Rhythm Section International の最初のリリースとなった Al Dobson Jr. の2ndアルバム。早々に売り切れてしまったんですが、今年の春ごろにリプレスされ入手。

まず耳につくのはトライバルなビートとパーカッション。そしてざらついたノイズがアナログ感満載な、ローファイなハウスやジャズ。トライバルな音色もアフリカ一辺倒という訳ではなく、多国籍でバリエーション豊か。パーカッションの不規則さと彼が生み出すビートとの一体感が心地よく面白い。
年明けに、現在レア化(Discogs 見たら500ポンド…。これはさすがにおかしいけど)している彼の1stアルバムがリプレスされるようです。追記:もう出てるみたいですね。→ Al Dobson Jr. - Sounds From The Village Vol 1

0 コメント:

コメントを投稿