投稿

1月, 2012の投稿を表示しています

Morphosis - What Have We Learned

イメージ
Morphosis - What Have We Learned Resident Advisor にて、2011年のアルバムベスト4にランクインしていたのを見て気になってしまいました。 レバノン出身のRabih Beaini という方だそうで、オランダのレーベル Delsin からのリリース。 このアルバムについて Ellen Allien 姉さんは、「狼が月にキスしているよう」とずいぶんと洒落た表現で褒めていました。 未熟者の僕の感想としては、狼も月も特に出てきませんでしたが、所々ざらついた感触がありながらも、粘りのあるうねるシンセが浮遊感をもたらしてくれるディープなトラックや、スペーシーで力強いトラックが満載のテクノアルバムでした。

Demdike Stare - Elemental Parts 1 & 2 : Chrysanthe & Violetta

イメージ
Demdike Stare - Elemental Parts 1 & 2 : Chrysanthe & Violetta ようやく手元に届きました。 『Elemental』と題されたこのEPシリーズは、パート4までリリースした後にCD化されるということもあって買うか買わまいか迷っていたのですが、スリーブデザインも相まって我慢できずに買ってしまいました。 なんとも言いようのないオカルティックな薄気味の悪い曲を作ることでお馴染の彼ら。レコードに針を落とせば、またしても暗くて深い穴の底まで導いてくれます。 1枚目はいかにも導入部と言ったような、抑え目でミニマルなトラックが収められています。対して2枚目はわずかに暗闇から解放され、オリエンタルな音が顔を覗かせつつも全体的にシリアスなトラックが続きます。俄然パート3、4が楽しみになってきました。

Andy Stott - Passed Me By / We Stay Together

イメージ
Andy Stott - Passed Me By / We Stay Together 聴いているだけで何とも緊張感溢れるアルバムです。だけどそれがまた気持ちいい。 マンチェスターのレーベル Modern Love からアナログでリリースされた 『Passed Me By』 と 『We Stay Together』 をひとまとめにしたこの2枚組アルバムは、これまでに味わったことのない暗くて重い暴力的な音をこれでもかと味わえるミニマルダブテクノに仕上がっています。暴風雨の中で突っ立っているかのような、音の嵐に否応なく飲み込まれます。 前作 『Merciless』 は、どこか不穏な空気感があるにはあったのですが、割と真っ当なミニマル、ダブステップ、テックハウス、アンビエントといった内容で、ひんやりとした落ち着いた風情でした。 2011年に購入した音源の中でベスト3に入る素晴らしい内容でした。

Delta Funktionen - Inertia // Resisting Routine

イメージ
Delta Funktionen - Inertia // Resisting Routine Delsin のサブレーベル Ann Aimee から、未発表曲のみで構成されたミックスコンピレーションが届きました。 Conforce , Cosmin TRG , Lucy , Mike Dehnert , Skudge といった昨年アルバムリリースした面々がずらりと並ぶ、地下で鳴り響くような硬さと力強さのあるミックスとなっています。 レーベルで購入するとそれぞれのトラックをダウンロード出来るんですが、ミックスでは各トラックのピークではない部分を繋いでるのかえらく静かな印象で、終盤にかけて盛り上がりを見せてきます。 ミックスとしては、もう少し前半に盛り上がりどころがあってほしいなとは思いましたが、個々のトラックは素晴らしい出来でした。