投稿

10月, 2012の投稿を表示しています

Basti Grub - Primavera

イメージ
ドイツ出身の Basti Grub のセカンドアルバムが、自身のレーベル Hohenregler からリリースされました。南米系の人かと思ってたらドイツの方だったんですね。 全体的にミニマルなリズムの上にシンプルなホーンやパーカッションが重なり、ふと気付けばジャングルに迷い込んでしまったのかのような、動物や鳥の鳴き声がふんだんにサンプリングされています。また、ボーカルがフィーチャーされたトラックが結構あって、これがフォルクローレミニマル歌謡とでも言いたくなるような、現地の民謡やら歌謡曲を聞いているのかな?と錯覚しかねない勢い。象徴的なのはタイトルトラックの「Primavera」だろうか。 そんなわけで、思ってたのとは違って正直面食らったんですが、民族音楽は嫌いじゃないし案外キックが強くてノレるので、これはこれで結構好きなアルバムです。 Basti Grub - Primavera

Fay - DIN

イメージ
アメリカ出身の女性アーティスト Fay Davis-Jeffers さん(?)のソロデビューアルバム。LAを拠点に活動している Pit er Pat というバンドだかユニットだかのメンバーだそうです。 モノクロの、波形を使った地味なアートワークですが、中身は色んな音が鳴っています。Fay さん自身がボーカルを務めているんですが、あまり抑揚のない歌に加工を施し、レイヤーを重ねるように声や吐息をトラックの一部としているのは、Bjork の『Medulla』っぽいなと。 トラックの方は割とミニマルなエレクトロニックミュージックに、タブラやガムランといったオリエンタルな楽器を使っていて、たまに人力ベースミュージック的な音もあって面白いです。ミニマルだけど肉体的な、ちょっと癖になるアルバムです。 Fay - Din [Analog]

Vatican Shadow - Ornamented Walls

イメージ
Andy Stott の新譜まだかなー、なんて呑気な気分でいたら、急にアナウンスされた Vatican Shadow こと Dominick Fernow のアルバムが Modern Love からリリースされました。 何かと物騒なタイトルやアートワークを使用しているドミニクさんですが、某作戦名を冠したA面の「Operation Neptune Spear Part 1 (Live Mix Rehearsal)」がいきなりの攻撃的なトラックで圧倒されます。続く「Part 2」にてややクールダウンしますが、オリエンタルなボーカルが挿入される「Part 3」(の特に終盤)は圧巻。さすがのライブ仕様です。 B面に入ると落ち着きを取り戻しますが、荒い音の粒子が飛び交うインダストリアルな「Cairo Is A Haunted City (Mythic Chords)」や、Demdike Stare と Andy Stott を足したかの様なオカルティックで暴力的な「Nightforce Scopes」など、9曲で30分少々というコンパクトさながらも、脳汁溢れる濃密な時間を過ごせるでしょう。 Vatican Shadow - Ornamented Walls [Analog]

Nocow ‎- Ruins Tape

イメージ
ロシアはサンクトペテルブルク出身の Nocow こと Alexey Nikitin によるアルバム。昨年カセットテープでリリースしていたようですが、ドイツの Fauxpas Musik から再リリースとなりました。 安定の Fauxpas クオリティです。レーベルの特徴ともいえるダビーな音響アンビエント作品ですが、同じレーベルの Desolate ほどアンビエント色は強くなく、ダブステップやダブテクノなトラックばかりです。 本作を聞いているととりあえず Burial みたいだなあなんて思えてくるんですが、ロシアというお国柄のせいか、Burial に比べると荒涼とした情景が頭に浮かぶのは気のせいでしょうか。 Nocow - Ruins Tape [Digital]

SEEKERSINTERNATIONAL - The Call from Below

イメージ
たまに理解し難い(僕の修行が足りないだけです…)エクスペリメンタルミュージックをリリースする Digitalis Recordings から、 SEEKERSINTERNATIONAL のデビューアルバムです。 Digitalis にしては少し珍しい、聞いただけでむせ返るような煙たくドープなダブサウンド。メロディらしいメロディは見当たらず、ひたすらにダブ処理された音がループしています。 透明度の低い水の中から、ゆらゆらと揺れている水面を見ている様な感覚。曲の合間に聞こえてくるおっさん(と思われる)の声で、我に返ります。素晴らしいアンビエントダブです。 SEEKERSINTERNATIONAL - The Call from Below [Analog] The Call From Below by SEEKERSINTERNATIONAL