投稿

2月, 2012の投稿を表示しています

Pinch - Fabriclive 61

イメージ
Pinch - Fabriclive 61 なんだか評判がパッとしてない本作ですが、全然悪くないんじゃないかと思います。 ダブステップレーベル Tectonic のボスである Pinch のこのミックスは、ディープなテクノ的な抑えめな展開となっています。3月にリリースされる Tectonic のレーベルコンピからもいくつかのトラックが使われていることから、レーベルのカラーを反映した上になかなか鮮度の高いトラックリストであることが伺えます。 EQD を始めとして Boddika & Joy Orbison , Goth Trad , Addison Groove など聴きどころも多く飽きさせません。また、1曲目とラストの曲が繋がるようになっているので、延々とループさせる事が出来るという面白い作りになっています。

Floating Points - Shadows

イメージ
Floating Points - Shadows 20歳そこそこの学生だという Sam Shepherd によるユニット Floating Points のEP。自身のレーベル Eglo からのリリースです。 いやいや、すっかり虜になってしまいました。昨年にデジタル版を購入していたのだけど、我慢しきれずに遂にはアナログまで買ってしまう始末。なんという無駄遣い。 ここに収録された5曲は、どれもアンビエントのような比較的落ち着いた雰囲気を感じさせる佇まい。けれど、じっくりと耳を傾ければ実に多様な音楽の要素を感じることができます。ジャズやヒップホップだったりテクノ、ハウス、2ステップ、ダブステップ…。 聴けば聴くほど発見がある、とても豊かなトラックたちです。 これでEPだというのだから、是非ともこのクオリティでのアルバムを待ち望んでみたいと思います。

Demdike Stare - Elemental Part 3: Rose

イメージ
Demdike Stare - Elemental Part 3: Rose 相変わらずのズブズブとしたディープなサウンドです。 本作に収録されている「Erosion Of Mediocrity」は思いの外インダストリアルなドンガラガッシャンとしたトラックで、CDバージョンにおいてハイライトの一つになり得るんじゃないでしょうか。 残すところは Part 4:Iris のみ。楽しみです。